So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【本】生きがいの創造 [本]

こんにちは。

TOMOKO@フィロソフィアです。


突然ですが・・・
前世とか、生まれ変わりって信じますか?


私は前世とか過去世という考え方はしっくりと来ています。


自分自身が双子だということもあり、
DNAが一緒で、
同じ環境で同じように育てられたのに
姉と私が(一応、私が妹ということになっている、笑)
なぜこんなにも違うのか?

そこを説明できるのが「過去世」の違いだったり
「魂」の違いだったりすのでは?
と思うからです。


と、話が違う方に行ってしまいそうなので、
話を本題に戻します。



生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)



という本があります。


著者は福島大学経済経営学類教授、飯田史彦 さん。


「死後の生命」、「生まれかわり」
について書かれています。



この本を通して
生きるということの意味
考えさせられました。



この本の元になった論文
「生きがいの夜明け」
が発表されたのが1996年だそうです。


1996年といえば、私はアメリカに留学中で
この本がどのくらい話題になったのかわかりません。


もしかしたら、とっても話題になっていたのかもしれませんが・・・


私がこの本の存在を知ったのは2009年ごろだったと思います。



私にとっては、この本の内容は大きな衝撃でした。
どのぐらい衝撃だったかというと・・・


当時私は、池袋にある英会話学校で
パートで働いていました。


電車に乗って埼玉本方面から池袋に向っていました。


電車の中で本を読んでいたのですが、
電車を降りたら新宿でした。


あわてて、池袋に戻り、
ぎりぎり仕事に間に合うというありさま。


それぐらい衝撃的で、のめり込んで読んでしまいました。


当時受けたソースのワークで、
自分がもしあと1日の命だったら何をしたいか?
自分が死んだ後、周りの人にどんな風に自分を思い出してもらいたか?


について考える機会がありました。


良く、上のことについて考えてみましょう!
というのは聞いたことがありましたが、
実際はまともに考えたことはありませんでした。


でもソースの時に、じっくり考える時間を持って
いろいろ想像してみると、


今まで

自分の生きがい

とか、

人生の目標


だと思っていたものと
全然違うものが私の答えでした。



生きがいの創造を読んでいて、
私の答えが私の素直な気持ちなのかもしれない、
と思いました。



「あと一日の命だとしたら?」
「自分のお葬式の時に身近な人たちはあなたについてどんなことを語っているか?」
考えてみてくださ~い。


意外な答えが見つかもしれないですよ~o(^-^)o


こちらの動画もオススメです!


生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える (PHP文庫)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

【動画】スティーブ・ジョブス、伝説の卒業式スピーチ [動画]

こんにちは。

TOMOKO@フィロソフィアです。

お越しいただき、ありがとうございます。


今日は大好きな動画のご紹介です。


今は亡き、故スティーブ・ジョブス氏が
2005年にスタンフォード大学の卒業式で行った
コメンスメントスピーチ。

スピーチでは3つのストーリーが語られています。

①点はつながる

今は分からなくても、
振り返ってみると、
全てが未来につながっている。

②愛と損失

自分が作り上げた「Apple」を
追い出された時のことについて語っています。

自分の「好き(Love)」に忠実でいること。
それをただ継続することの素晴らしさに
思わず涙です。


③死について

このスピーチの一年ほど前に癌が見つかり
余命3~6か月を宣告された時のことを語っています。

死を目の前に突き付けられたら、
恐れや不安、プライド、期待、
そんなものは消え去り、
本当に大切なものは何かが分かる。

「もし今日が最後の一日だったら、
私は今からやろうとしていることをやるだろうか?」
と問いかける。

ついついだらだらと日々を過ごしてしまている自分に
時々「喝」を入れるべく見返しています。

最後の言葉

Stay Hungry. Stay Foolish.

大好きな言葉です。

15分弱の動画です。

お時間ある時にぜひ見てみてください。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

【本】ホ・オポノポノ [本]

こんにちは。
TOMOKO@フィロソフィアです。


お越しいただき、ありがとうございます。


私が2008~2009年ごろ、
スピリチュアルな世界に興味を持ち始めたころに
とっても話題になっていた本。



ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方



私は当時受講した【ソース】というセミナーで
先生から紹介していただいて知りました。


今自分の身に起こっていること、目にすること、全ては


自分の責任


地震や戦争でさえも・・・


ちょっと理解に苦しむ・・・と最初は思いました。
少し理解が進んだ今は
きっとこんな感じかなぁ、と思います。



潜在意識の中には
過去世(があると仮定すると)での
記憶も含まれています。



そして、引きよせの法則によって、
自分では気づかない潜在意識の記憶が
宇宙に送られて、それを引き寄せている。


全ては自分の責任


だとすれば、どうすれば、


辛い状況を改善できるの? 嫌いなものを引き寄せないの?



そこが知りたいポイント。


これが、


ただただ
自分の内側(潜在意識)に向って


ありがとう(Thank you.)
ごめんなさい(I'm sorry.)
許してください(Please forgive me.)
愛しています(I love you.)


と唱えればよいのだとか。


とってもシンプル。



ここで大切なのは、
問題の相手や状況に向って言うのではなく、
自分の内側(潜在意識)に向っていうこと。



それによって、今までず~っと蓄積された過去生からの記憶を
消去できるのだそうです。


そうすると必要なメッセージ、状況が
天(神聖なる知能)から届けられ、
問題が解決していくらしいのです。



ちなみに、
私もやってみました。

Thank you.
I'm sorry.
Please forgive me.
I love you.


う~ん、
大きな違いがあるわけではないけれど、
なんだか少し、スッキリしました。


そして、きっと繰り返しがポイントです。
一度ではなく、スッキリするまで繰り返す!


ちょっと困ったなぁ、と思ったら
試してみる価値ありです。


なにしろタダですから。
そして、シンプルですから。


だめならだめで、損はない!



お読みいただき、ありがとうございました。



ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

【本】ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。 [本]





ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

  • 作者: マイク・マクマナス
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 1999/10/01
  • メディア: 単行本






ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: Kindle版



nice!(0)  コメント(0) 

女神になれる本 [本]

最近、本を数冊一気に読みました。

ここ半年ぐらい、あまり本が読めなくなっていて・・・すぐに飽きちゃって最後まで行かない・・・

そんなことが続いていました。

ところが、ところが、ここ数日間で、ある本数冊をが~~~~!!!って読みました。

その中の一冊。




タイトルがあまり好きでない。(すみません・・・)しかも表紙ピンクだし・・・。

(あ、ピンクは大好きなんだけど、本のタイトル的にさらにピンクはちょっとねぇ・・・)

なんか軽そ~~~。

って思ってたんだけど、著者の方が気になり、Kindleですぐに読めるから~、という軽い気持ちで読んでみました。

そしたら、読んでみてびっくり!

こ、この本、すごい!

私が以前カウンセラーさんのご指導を受けて、旦那さんとの関係改善に取り組んでた時に教えていただいた内容がたくさん詰まっている!!!

でも、当時言われていたことが「なんとな~く分かってきた」のは最近のこと。ただ言われるがままに、やってみる。試してみる。そんな感じで。

やってることが合ってるのか?正しいのか?

私、言われたことできてるのかしらぁ~?っていつも思っていました。

関係が改善された、ということにそれなりに自信が持てるようになったのは最近で。やっと、「あ~、これでよかったのかなぁ~」って思い始めていたところで。

今更ながら、カウンセラーさんに感謝の気持ちでいっぱいなのです。(りこさん、ありがとうございました)

この本の中には、人と接するとき、とくに近い人との関係性を改善していくとき、絶対に必要な要素がつまっていて。(それ以外にも色々だけど)

そこに取り組むことに、すご~く大きな意味があったとは~~~~と、とっても驚いているのです。

ここでいう「女神」とは「内側に輝いている本当の自分」みたいな意味だと思うのですが。

(ちなみに男性の場合は「男神」というそうです。「男神」への道を進む男性のみなさまもぜひご一読を~)

これからも常に自分の傍らに置いておきたい、本当に本当に素晴らしい本でした。

自分を信じて、頑張らなきゃいけない時もある。

繰り返し読んで、自分のものにしたいと思います。




お読みいただき、ありがとうございました。




前の5件 | -